エステンナイン京都
ソフトウェア開発会社

一度に撮影困難な大容量高解像度の分割イメージを自動接合

 

分割撮影された大容量データを自動で接合し、一枚の画像にする技術です。

ポイントとしては部部画像を撮影する際に、紙ののりしろのように、ある程度画像が重複する形で撮影されていることが前提となります。接合時、その重複部分を自動で見つけ出し、重なりとして配置します。

またスキャン画像は微細な歪みやずれなどが発生します。

この歪みやズレに対しても、自動補正するような処理も行っております。

 

  • 分割撮影(スキャン)された高解像度画像を接合し、被写体全体画像を再現します。
  • 接合対象画像候補を複数指定することで自動的に重複部分を見つけ出し、上下左右の正しい位置で接合します。
  • 微細な画像のズレや歪みを補正して、接合段差を目立たなくすることができます。

■ 概要

 

 デジタルアーカイブなど一度に撮影、撮影が困難なコンテンツの場合、部分撮影をして後で接合するという手順を踏むことがあります。ただし通常の画像編集ソフトで大容量画像を接合する際に、歪みや作業PCなどのメモリなどの問題で、手動では困難を極め、作業効率も良くありません。

 本システムはデジタルアーカイブに関する京都大学・九州国立博物館との共同研究の中で、弊社はデジタルアーカイブ閲覧用の大容量画像ビューアを作成する中で、上記のような問題を解決する技術としてエステンナイン京都が開発しました。

 

■【画像接合イメージ】

 

《接合前》

絹本模写絵画-1  絹本模写絵画-2  絹本模写絵画-3

 

《接合後》 

絹本模写絵画-全体

 

■【画像処理概要】

 

画像接合図1

 

 

■【導入効果】

・大型二次元被写体のデジタルアーカイブ

・パノラマ画像生成

・フィルム置版のデジタル化、地図のデジタル化

・ドローンなどで撮影した航空写真の接合

 

■ お問合せフォーム

お名前 必須

メールアドレス必須

メッセージ本文必須

文字認証必須
captcha
画像に表示されている文字を入力してください。


 

※ 京都大学・九州国立博物館・エステンナイン京都 共同研究
(独立行政法人 科学技術振興機構 「重点地域研究開発推進プログラム」)