エステンナイン京都
ソフトウェア開発会社

■ 会社のあゆみ

  1986年、製版機器のカスタマ・サービスを行っていた株式会社ディ・エス・エレクトロニクス(現株式会社エムティサービス東日本)内で、ソフトウェア開発事業を開始。その後、人員増およびソフトウェア開発事業拡大のため、当時の開発部京都事業所が、1997年 7月 1日、新会社として独立し、株式会社ディ・エス・ソフトワークスとなりました。

 2003年10月 1日、大日本スクリーングループ内のソフトウェア開発事業集約により、株式会社ディエス技研および株式会社ページコンプ研究所から技術者が移籍して80名となり、中規模ソフトウェア開発企業として新たな段階を迎えました。

 2005年 7月 1日、社名を株式会社エステンナイン京都に変更しました。

 おかげさまで社員数も100名を超え、着実に実績を重ねつつ、これまで以上に高品質・高性能なソフトウェアを提供してまいります。

 

■ 年表
1997年   株式会社ディ・エス・エレクトロニクスのソフト開発部門を株式会社ディ・エス・ソフトワークス
        として分離、設立。
        当初30名規模、大日本スクリーン製造株式会社100%出資

1997年   立命館大学との産学共同研究開始

1997年   半導体製造装置の制御ソフトウェア開発スタート

1998年   マルチメディア・アプリケーション(辞書、百科事典)開発受注

2000年   液晶製造装置の制御ソフトウェア開発スタート

2003年   グループ内ソフトウェア技術者移籍により80名規模に大幅人員増

2005年   株式会社エステンナイン京都に社名変更

2007年   JST(独立行政法人科学技術振興機構)より以下のプロジェクトが採択。
        地域研究開発資源活用促進プログラム
        「超高精細大容量画像の安全・ダイナミック表示総合システムの開発」
        当年10月より京都大学と九州国立博物館とともに共同研究プロジェクト発足。

2007年   京都府情報システム開発競争入札資格取得

2008年   従業員数が100名突破

2008年   本社が京都市右京区西京極に移転

2010年   東京事務所を豊島区大塚に開設

2014年   東京事務所が千代田区九段に移転